ワクワクのスペシャルデー

047
自分「渡すのやめるう」彩子「もお||、私が渡してあげる」スタス夕、田代先輩に向かって歩く彩子夫婦問恋震を取り戻すために彩子「私たち 1年 組:::、先輩、これ読んでください!」自分「あ 11、彩子ってば:::」田代先輩「ありがとう、あとで読むね」ドキドキドキドキドキドキシーン 2登校中自分「えっ田代先輩自分田代先輩「この前、ありがと、途中まで一緒に行こうよ」ほんとですか?」「そうそう、今日、古典の辞書持ってる?忘れちゃって」「はい、あとで教室に持っていきます」 自分こんな純愛時代を回想していきます。あの時の空の色、河原の電車の音、学生服の香り、ハンカチの模様、彼の笑い声、彼のはんなりした前髪:::、正確ではないですが、思い出されてきます。そして、なんだかいい気分になってゆきます。「純愛」という言葉は、死語ではありません。韓国純愛ドラマが流行るのも、純愛小説が多くの人に読まれるのも、それを裏づけています。少なくとも、純愛時代の自分は、幸せでした。その幸せ気分を思い出すのが、「純愛膜想」です。実際は、あの頃好きだった彼は、髪の毛も薄くなり、ビール腹のおっさんかもしれそして辞書が帰ってきた時には、お手紙の返事が入っている 夫婦問恋震を取り戻すために ませんが、膜想の中では、仲村トオルのような、藤井フミヤのような、椎名桔平のような、高橋克典のような、佐藤浩市のような、大人の男性として登場します。思い出す相手がだんな様ならゥなお良し々です。
あの頃は、いつも手をつないでくれていた、こんなうれしい言葉を言ってくれたと、だんな様のゥ善行 οが改めて思い出され、不満も軽減してゆきます。だんな様は、結婚前は「やさしいやさしい王子様」だったのです。純愛膜想で幸せ気分にひたっていると、イライラした気分がだんだんやわらいできて、ニヤッとしてきます。膜想が終了する頃には、だんな様への不満や、お子さんへの「キー ν!」が昇華され、穏やか顔の自分に戻れます。膜想の時に、アロマオイルやお香などたくと、ますます効果がアップするでしょう。夫婦問恋愛を取り戻すために夫婦危機一髪は自分チェックのチャンスクリスマス。それは一年で一番、愛を感じあえる日です。私たちは子どものころからずっと「クリスマスは胸躍る日」とインプットされています。ワクワクのスペシャルデーです。プレゼント、ごちそう、ツリーの飾りつけ、サンタクロース:::。ぞれが大人になるとワイン、シャンパン、シティホテル、セックスという要素がつけ加えられ、違った意味で胸躍る日になってゆきます。クリスマスを一緒に過ごす男性は特別な人です。そのクリスマスを一緒に過ごす人生最後の男性、つまりだんな様の前で、私は大失態をおかしました! この失態は、きっと主婦の皆さまの参考になるはず。「これを伝えずして死ねない!」それほど私自身反省した出来事です。夫婦仲良好化をめざす皆さま、ぜひ参考にしてください。そして明日は我が身と思ってください(笑)。
参考:結婚相談所 徹底比較

Comments are closed.